浮気調査を依頼する前に、探偵紹介の無料相談が必用

浮気に狂っているパートナは浮気調査で100%後悔させます。

 

 

あなたのパートナーに最近変化がありませんか?

 

仕事で忙しかったり、色々なことで悩んでいるときには、パートナーの変化に気がつかないことがあります。

 

変化に気がつかない時間が長かった場合、それは修復が不可能になる浮気問題から離婚に発展する可能性が非常に高いと言えます。

 

もし、何かの拍子に、パートナーが浮気をしているのではないか?と言う疑いを持ったなら、何でそう思ったか、どんな変化が出ているのかをしっかり観察する必要があります。パートナーの変化で下記のような状態が発生していたら、パートナーが浮気をしている可能性が高くなります。

 

あなたは心当たりがありますか?

 

これから記載するいくつかの項目に思い当たる節が多ければ、あなたのパートナーが浮気をしている可能性が非常に高くなります。

 

 

パートナーの浮気行動チェック

 

 

浮気している男性はこんな行動を始めます。

 

1)毎月決まった日にちや、毎週決まった曜日、日曜日に残業が増えたり、来客や飲み会という理由で帰宅が遅くなることが続いて数ヶ月続き、そのうち朝帰りや、泊まり掛けの出張が続いて発生するようになってきた。疲れているようには見えないけど、逆にいつもより楽しそうに見える。

 

2)小、中学校、高校の同窓会に参加した後から、スマホを手放さなくなった。それどころか、今までは、かばんもスマホもだらしなく無造作に置きっぱなしだったのに、最近は、かばんが置いてあった位置がずれていたり、かばんを開けた形跡があったりするとものすごく怒るようになった。

 

3)パートナーのことを愛して、ラブラブなカップルだと思っていたいのに、、突然「一緒にいてもつまらない」とか「結婚して後悔した」とか「離婚したい」などと言われるようになった。理由は一方的な理由で、「性格が合わない」とか「実家の両親と意見や習慣が合わない」などと言い出し、気に食わないところを聞き出して修復したいと思っても、一方的で話にならず、話し合いにならない。

 

4)将来の為に共働きで頑張ると決めて、今まで働いてきたけど、休みの日はできるだけ合わせて2人で過ごすようにしていたのに、最近は休みが合わない週が続いて、こちらが無理をしてあわせようとしても、何かと理由をつけて、わざと合わせていない様にしている感じがする。休みの日は以前は家で過ごしていたのに、同僚と飲みに出かけたり、後輩の仕事を手伝うなど、不自然なスケジュールが増えたような気がする。

 

5)残業や、接待で遅くなると聞いていたのに、帰宅時には石鹸や、香水のいい香りがしていた。1ヵ月のうちに同じようなことが何回か発生するようになってきた。今までは、服装や持ち物には全く興味がなく、オシャレの感覚はなかったのに、急に持ち物や、洋服に興味を持ち出して、オシャレに気を使うようになった。

 

 

浮気している女性はこんな行動を始めます。

 

1)家に子どもがいるのに、習い事で夜が遅くなったり、飲み会で朝帰りを繰り返すなど、1ヶ月のうちに何回も繰り返すようになってきた。話し合って優しく注意しても、大きな声で怒り出したり、ケンカ腰しで話になならず、一向にやめる気配がない。

 

2)専業主婦で、習い事もしていないのに、日中の自宅に電話してみると、連絡が取れない日が増えてきた。そんなときは携帯電話にも出ない日が続いて、そういう日に注意しても、なんとなく機嫌が良く、軽くあしらわれる感じで、逆に優しくされているような気がする。

 

3)疲れているとか、風邪気味などの理由で、夜の営みを拒まれたことが数回続き、その後全くなくなり、触るのも嫌がられる感じになった。夜の営みを拒まれるようになってから、今まで聞かれることもなかったのに、毎週の予定や、出張のスケジュール、毎日の帰宅時間など細かく聞かれるようになった。

 

4)まったく見に覚えがないのに、「女性の香水の臭いがした」とか、「浮気しているように見える」とか、色々と変な疑いをかけられて、何かと言ってはケンカをしたいみたいで、すぐに「今まで私を騙していた」とか「信用できなくなったから離婚して欲しい」とか「性格があわないから離婚したい」などと一方的に離婚を迫ってくることが増えた。

 

5)仕事一筋で、家庭のことはほとんど妻に任せていて、それで安心して仕事をしていたつもりだった。妻もそれをわかってくれて、文句を言わず家庭を守ってくれていると思っていtが、最近急に変化が出て、「あなたは仕事ばかりで家庭のことを何も考えていない」、「あなたと結婚しても家族は幸せにならない」、「あなたと結婚して、今は後悔する毎日が続いている」など、くどくどと言われるようになった。そんな文句を言われ始めてから、妻が暇さえあればにスマホや携帯で知人と連絡を取っている事が増えてきた。

 

 

上記の例は、実際に浮気が発生する前兆の特徴的な例として記載させてもらいましたが、浮気をする人は心理的に同じような行動をとるようですので、似ている状況であれば、浮気の可能性が高いと判断して、まずは真実を確かめるべきです。

 

 

浮気を疑っていても、実はパートナーが浮気をしていなかったということもあります。間違った疑いをかけて、長いあいだ嫌な思いを引きずり、パートナーとの幸せな時間を無駄にしてしまう人もいます。また、浮気を疑ったばかりに誠実なパートナーと別れることになってしまった人もいます。

 

それからもうひとつ…

 

『パートナーの浮気 = 離婚』 という公式は正しくありません

 

浮気の可能性が高いと思う方はまず本当の事実を掴まなければなりません。パートナーの本当の姿を知ること、それから、証拠を掴むことが大切です。

 

1:『本当の姿を知ること』

 

2:『関係を修復すること』

 

3:『離婚を選択すること』

 

いずれの場合でも、真実を知ることで今後貴方がどうしたいのかを、明確にすることができます。
浮気の証拠を掴むことで、どのような選択をできるかいくつかの例を挙げてみます。

 

関係を修復したい場合

 

浮気の証拠を掴み、浮気相手にだけ突きつけて別れさせる。別れさせることでパートナーと復縁する様に話を進めることができる。また、証拠を掴むことによりパートナーから悪者扱いされて離婚を切り出されても、裁判では離婚を拒否することができる など

 

離婚したい場合

 

浮気の証拠を掴んでしまえば、証拠を使って、パートナーと浮気相手の両方に慰謝料請求できる。

 

離婚を選択したときには、証拠を持っていることで子どもの親権を得やすくなる など

 

浮気の事実が無いとわかったとき

 

浮気の事実が無いとわかったときは、調査したことはパートナーには知らせない方が、その後の生活に悪影響を及ぼしません。自分がパートナーを疑ったことに罪悪感を持つ人もいますが、そこは心を決めて、死ぬま秘密にしておくことをお勧めします。

 

 

浮気調査をすることは悪いことではありません。浮気を疑った場合、ほとんどの場合は浮気の事実が浮上してきます。事実をハッキリさせて、今後進み道を真剣に考えて対策を練ることは、人生を幸せに生きてゆくために必要な手段です。

 

証拠を掴んでいない場合、不倫をしているパートナーの一方的な理由で、不利な状況のまま時間が過ぎて行き、裁判になった場合でも、証拠がないために慰謝料の請求もできず、親権も得られないという最悪ケースになってしまう可能性だってあります。

 

相手は2人、こちらは味方が居ない状況です。相手の思い通りにさせないためにも、証拠を掴んでおくことは必要なのです。

 

逆に相手が、「性格の不一致」という、馬鹿げた理由であなたに離婚を迫り、害を及ぼそうとしたときには、浮気調査で得られた浮気の地証拠はお守りとなり、2人に反撃し、あなたが有利に離婚まで話しを進める展開になります。

 

 

浮気調査でパートナーの真実を知りましょう。
浮気調査の相談は探偵紹介のタントくんから始めることをお勧めしています。

<%浮気調査は無料相談のタントくん%>

 

 

 

 

 

 浮気調査の費用、探偵の選び方、などお悩みの方は、コチラのサイトを参考にして下さい。
浮気調査の費用と、探偵の選び方を知りたい